35歳からの美白方法完全ガイド | 美白ケアが知りたい人は集まれ!

sample01

美白を諦めない!アラフォーからの美肌ケア

シミやくすみは35歳を過ぎたころから突然肌の上に現れ始め、40代ではほとんどの人が肌にシミを作ってしまいます。
でも、出来てしまったシミを諦めてしまわないでほしいのです。
私たちの体は自然治癒力を持っています。肌においてもそれは同じ。傷や虫刺され、ニキビや吹き出物も時間が経てば赤みも炎症もなくなるのは、自然治癒力のおかげです。
年齢と共にシミができたり、傷跡が消えにくくなるのは、この自然治癒力が衰えている証拠です。
肌の細胞は日々生まれ変わっています。古い角質が自然に剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わるサイクルは健康な肌であれば約28日間。「ターンオーバー」という言葉は、あなたも耳にしたことがあるかと思います。
年齢につれ、ターンオーバーは衰え、40歳になる頃には周期が40~50日に伸びてしまうため、排出されるべきメラニンが肌に沈着してしまうのがシミの原因です。
そのため、ご自身の自然治癒力をいかに最大限に生かすことができるかが、美肌づくりでは要になります。
肌が本来持っているキメを整えたり、みずみずしさやなめらかさを保つ力をいかに引き出すかによって、化粧品やクリームの効果の実感度も変わってくるでしょう。
肌自体が乾燥し油分が浮いた状態でいくら美白化粧品を使っても、その効果は感じられないかもしれません。
生まれた瞬間から皮膚の老化ははじまっています。「25歳はお肌の曲がり角」と言いますが、まさに30代になるとコラーゲンや肌の水分量が減り、40代になると女性ホルモンも低下します。
しかし、同じ年でもシミやシワが目立ち老けて見られる人と、透明感がありシミひとつない実年齢よりも若く見られる人がいるのはなぜでしょう。
それは肌の加齢の原因が年齢による加齢だけではないからです。
ストレスや睡眠不足、食生活、過労など、生活習慣による加齢が肌に刻まれ、ほとんどの場合はそれが見た目年齢の差につながります。
あなたは若く見られるタイプか、老けて見られるタイプなのか、どちらでしょう?
もしも年齢よりも老けて見られるのなら今の生活習慣を少しだけ見直すことで今より若々しく見られるようになるでしょう。
「若いね」「お肌キレイだね」という言葉は、それ自体が自分自身を若返らせてくれる魔法の言葉になります。
心がウキウキすれば血行もよくなり、自身が出てきます。
それがより一層あなたとあなたのお肌に磨きをかけてくれるエッセンスとなります。
美白で輝くのは肌だけではなありません。あなた自身が輝ける美白対策を身につけて、素敵に年を重ねていける女性になりましょう。

こちらもおすすめ

美白・美肌は内側からのケアも大切です。
ビタミン・ミネラル不足は美容の大敵!忙しい現代人にピッタリなのが青汁です。

青汁【徹底】ランキング | 美肌・便秘・ダイエットに最適なのは?